地方から上京する意味。東京にきて感じたこと。

  • 2020年8月17日
  • 2020年8月18日
  • 進路

卒業したら東京に行きたい!

という高校生は多いのではないのでしょうか?

かくいう僕も、大学進学を機に東京へやってきた人なんですが、皆さんの上京の目的はなんでしょうか。

そこで今回は、上京を悩んでいる人や、これから東京へくる方に向けて

  • 上京の目的
  • 東京で気をつけること

についてまとめました!

なんとなく東京に行きたいと思っている方には目的を考えるきっかけになるのでぜひ読んでみてください。

上京の目的

夢や目標に近づきたい

東京には色々な人がいて、色々なことができる環境が揃っています。

新宿駅の前ではいつも路上ライブをしているバンドマンがいたり、渋谷にはYoutuberがたくさんいたりと、東京という日本で先端を行く街で夢を掴みたいという人は多いのかも知れません。

また、東京の企業に就職したいといった場合でも、東京の学生は地方の学生と比べて東京での就活がしやすいですよね。

そういったことからも、将来の夢に近づきたいという目的で上京してくる人は多いようです。

都会での暮らしがしたい

家の外にあるのは田んぼや畑ばかり遊ぶ場所はどこにもないという田舎に住んでいる人の中には、都会の東京でキラキラした生活を夢見ている人がいます。

休日におしゃれな服を着て、買い物へ出かけたり、カフェでお茶したり、東京で育った人が何気なくしていることに憧れを持っている人も多いですね。

僕も東京とまではいかなくても程よい都会に行きたいと思っていました。

ドラマやアニメで見るような日常のワンシーンが自分にとっては非日常的なもので羨ましく感じていました。

あと、いまだに中央線で都心を通るときは都会の景色に感動しています(笑)

地元を離れてみたい

住んでいた場所によっては、コミュニティが狭く、自分が何をしているのか筒抜けになっていることもあり、世間体を気にして生きなければいけない窮屈さを感じている人も多いです。

東京では周りが知らない他人だらけなので、周りの目を気にせず、やりたいことができますね。

また、将来も地元で暮らそうとしている人でも、一度地元を離れることで地元ならではの良さに気づくこともあるので、意義があると思います。

価値観を広げたい

高校生のときまでは、みんな同じ土地で同じような育った人が多いですが、新しい環境に飛び込むことで今まで会ったことのないような、異なるバックグラウンドを持った人たちと会うことができます。

東京にはたくさんの人がいる上に、他の地方からも人が集まってきます。そんな人たちと出会うことで様々な考えに触れ、広い視野を持つことができるようになりますね。

東京で気をつけること

投資詐欺やマルチ商法に気をつける

バイナリーオプションの教材販売や、マルチ商法の勧誘など大学生をターゲットにした詐欺が頻発しています。

楽してお金を稼ぎたい人や、たくさんお金を稼いで、周りの人間に差をつけたいと考えている人が引っかかりやすいです。

絶対に儲かると言った儲け話には気をつけましょう。

もしかしたら古い友人から勧誘されることもあるかも知れません。関係を崩したくないという理由で断りづらく、契約してしまうケースも多いです。

ピンポイントで日時と場所を指定して会おうとしてくる場合は警戒したほうがいいです。

そして、自分がマルチ商法に引っかかってしまうと、今度は自分が知人や友人を勧誘する側になってしまい大切な友人を失ってしまうことになります。

友人の信頼はお金では買えません。お金儲けのためにその信頼関係を捨ててしまうことのないようにしましょう。

治安が悪い街では気をつける

成人し、お酒を飲みに行こうと飲み屋を探していたらキャッチに声を掛けられ、ついて行ったらぼったくりのお店だった!こんなぼったくりの被害が多発しています。

キャッチからしてみると街をキョロキョロと見回している人は慣れていない人だと判断して声をかけやすいそうです。

最初に言われていた値段が安くても、チャージ料が別でついてて、ワンオーダー制だった。そしてその料金が高いなど細かいぼったくりが多いようです。

また最近では、マッチングアプリで知り合った女の子にぼったくりバーに連れていかれるというマッチングアプリを利用したぼったくりも増えています。

この手のぼったくりは平気で十数万円と請求され、ガラの悪い店員がいるので泣く泣くカードで払わされてしまうようです。昔のデート商法のようなものは今でも形を変えて存在しているので、注意しなければいけませんね。

時間の使い方に気をつける

東京にはなんでもある。、、ということはそれだけ誘惑も多いわけです。

本来の目的を忘れ、遊びに呆ける日々を送ってしまうことがあります。

楽しい時間を過ごせた!とあとで思えるならいいですが、少しでも勉強すればよかったと後悔はしたくないですよね。

自由に時間を使える分、自分で時間を管理して有意義に過ごしたいですね。

防犯に気をつける

空き巣防止に家の戸締りをしっかりすることや、スリにあわないために財布をしっかりカバンにしまったり、電車に乗るときはリュックを体の前に掛けたりと対策をしましょう。

また、最近ではTwitterの投稿を利用したストーカーも増えているようです。

道端に変なものを置き、それをみた人に写真をTwitterにアップさせることで、その人のアカウントを割り出すという手口も話題になっていますね。

住んでいる場所がばれる情報が写真に含まれていないか、入念に確認してSNSを利用しなければいけないようです。

(特に自宅で撮影した写真は、窓の外の風景や間取りがはっきりわかるものは注意した方が良いですね)

まとめ

こうして上京する目的を挙げていくと、東京でなくてもいいという目的があったかもしれません。

もし、東京か、他の場所で悩んでいる人や、東京に行くことを親に反対されている人であれば、何を目的として東京に行きたいのかもう一度考えてみましょう。

東京はやろうと思えばやりたいことができる環境が整った魅力的な場所です。目的意識を持って上京することには大きな意味があると思います。

東京に来て最初の方は慣れない環境に身を置くので精神的に疲れてしまうかも知れません。電車の乗り換えに苦労したり、満員電車や人混みに押しつぶされたりと大変なことも多いと思います。

でも生活するうちに意外と慣れていくものなんだな~。と僕も東京で暮らしていって感じたので大丈夫だと思います。

卒業後に上京してくる高校生の皆さん、是非有意義な東京ライフを送ってください!

最新情報をチェックしよう!