学生必見の情報を発信していきます!

初デートで相手の好感度UPを狙うには??デートや男女でのお出かけに必須のマナーや注意点とは?

このページを見ているあなたは,きっと気になる人や好きな人とのデートの予定があって,ウキウキしていることでしょう。
と同時に「デートといっても,実際のところどう振る舞えばいいんだろう…」と不安に思っていることと思います。

そんなあなたに悪いお知らせ,実は,デートには,数々のマナーや注意点が存在するんです!

このマナーや注意点を知らずにデートに臨んでしまうと,相手との関係が発展しないどころか,相手からの好感度が大幅DOWNしてしまう可能性だってあります。

でもよく考えてみてください。最初からデートのマナーや注意点について知ってる人なんていませんよね。誰もが初めは,人の話を聞いたり,調べたり,悩んだりして,少しずつ学んでいくものです。

そこで今回は,「初デートの際のマナーや注意点」をメインに解説していきたいと思います。
このページをよく読んで,デートを通して相手の好感度UPを狙っていきましょう。

デートの基本ルール

まずは,男女共通のデートの基本ルールについて解説していきます。

二人でいることを楽しむ

やはりなんといっても,一緒にいて楽しいと思える,そんな相手がベストですよね。相手にそう思ってもらうためには,まずは自分自身がデートを心から楽しむことが重要です。さらに言えば,笑顔を心掛けると良いでしょう。楽しんでいることが伝わると,相手はきっと嬉しく思うことでしょう。その結果,デートが盛り上がることと思います。

逆に,もしあなたがデートを楽しんでいないとしたら,きっとその気持ちは相手に伝わってしまうでしょう。デートを楽しむことは,マナーの一種と思っておくと良いと思います。

待ち合わせの時間は2日前までに決める

待ち合わせの時間は,少なくとも2日前までには決めておきましょう。

前日の夜や当日の朝まで,集合時間が決まっていないと,主に女性側が困ってしまうことが多いです。

一般的に,女性は男性よりも外出の準備に時間がかかります。ましてやそれがデートであれば,前日の夜には,服を選んだり,荷物を用意したり,当日の朝には,髪を整えたり,化粧したりと念入りに準備をおこなうことでしょう。

そのため,早めに予定が決まっていることが望ましいのです。お互いにしっかりと準備できるように時間を確保するのはデートマナーですね。

集合時間に遅れない

時間厳守は,基本中の基本です。

これができていないと,そもそも人間としてどうなの⁉と思われてしまいますよ。

デートの待ち合わせに間に合うのは当然のマナーなので,5分前には待ち合わせ場所に到着できるようにしましょう。早く着くことには,心の準備をしてからデート相手に会うことができる,というメリットもあるので是非実践してみてください。きっと幸先の良い,スタートになるでしょう。

ただし,早く着いたことをいちいち相手に報告する必要はありません。

服装に気を配る

服装に気を配るのも,デートの際の重要なマナーです。

TPO(Time Place Occasion)を踏まえた上で,相手の好みまで考えられると尚良いですね。

やはり初デートは,清潔感のある服装が好印象のようです。迷ったら清楚で綺麗めの服を選ぶと良いでしょう。

食事のマナーに気をつける

デートの中で,一緒に食事をすることが多いと思います。その際に必要なのがテーブルマナーです。

以下の9点は当然のこととして出来るべきです。どんなにかっこいい人やかわいい人でも,テーブルマナーがなっていないと,魅力が大幅DOWNです。普段から気をつけましょう。

「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶をする
箸や器を正しく持つ
肘をつけたまま食べない
口に物を入れたまま話さない
食べ物をこぼさない・落とさない
口を閉じて食べる
音をなるべくたてないようにして食べる
残さず綺麗に食べる
姿勢良く食事をする

常に相手を気遣う

デート中,最も大切なことと言っても過言ではないくらいですね。常に相手のことを気遣うのはマナーと覚えておきましょう。

それに,相手を気遣えるかどうかは,パートナーを選ぶ上でも,かなり重要な要素になってきますよね。相手を気遣うことは,関係を発展させる上で不可欠といえると思います。

具体的には,楽しんでいるか,疲れていないか,体調は大丈夫か,トイレは大丈夫か,などなどさり気なく聞いてあげると良いですね!

感謝すべき時は「ありがとう」,なにか失敗した時は「ごめんね」としっかりと伝えてあげるようにしましょう。

デートの中に,スマホをできるだけ使わないようにするのも,相手のことを気遣えていれば当然のことですね!

周りの人に優しく振る舞う

デート中は,お互いに相手の行動をよく見ています。そんな中で,例えば,レストランの店員にキレたり,電車で周りの人を押しのけてしたりしたら,どう思われるでしょうか。好感度を下げてしまうどころか,不快な気持ちにさせてしまったり,一緒にいて恥ずかしいと思わせてしまう可能性だってあります。これは明らかにマナー違反です。

デート中に関わった人には優しく接するようにしましょう。店員さんにお礼を言ったり,電車で席を譲ったり,普段はなかなか行動に移すのが難しいかもしれませんが,デート中は特にこれを心掛けましょう。

デート後に感想やお礼を言う

デート中に相手のことを気遣うだけでなく,デート後に感想やお礼をしっかりと伝えることも非常に大切です。

実は,デート後は,相手の好感度をUPさせる大きなチャンスでもあるんです。

デート後の余韻に浸っている時に,もし携帯にピロンと相手からの通知がきて,そこに感謝の言葉があったとしたら,どう思うでしょうか。好感度爆上がりですよね。個人的にはデートを終えて別れた後,15〜20分後ぐらいに送るのがベストだと思います。

デートのお礼を言ったり,感想を率直に言うことで,また次のデートに繋げやすくなります。感想やお礼は必ず伝えるようにしましょう。

 

男性が注意すべきポイント!!

続いて,男性が注意すべきポイントについて解説していこうと思います。

あらかじめデートコースをリサーチしておく

実際に相手とデートをはじめてから,さあどこに行こうかと考え始めるのは流石に遅いです。「どうしようどうしよう」と言っているうちに時間が経過してしまい,お互いにイライラし始めるというのは最悪のパターンです。そうならないためにも,前もってデートコースをリサーチしておきましょう。

また,女性の中には,男性にリードして欲しいという願望を持っている人も多いです。予め,デートプランを用意しておき,女性をスムーズにエスコートすることができれば,好感度大幅UPに繋がります。

さらに言えば,不測の事態に備えて,あらかじめ複数のデートプランを用意したり,いくつかのレストランをリストアップしておいたりすることも重要です。相手の女性がなにかしらの食物アレルギーを持っているかも知れません。行こうとしていたレストランが臨時休業かも知れません。前もって2つ以上候補を用意しておけば,こういう事態にも対応可能ですよね。

適度な距離感を保つ

デートを楽しむことが重要と先程書きましたが,その上で初デートならば適度な距離感を保つこともマナーの一つです。

あまりに馴れ馴れしすぎたり,あまりによそよそしすぎたりするのは,相手を困惑させてしまい,「この人ちょっと苦手だな…」と思わせてしまうことに繋がりかねません。あくまで自分たちの距離感を認識した上で,デートでは適度な距離感を保ちましょう。

レディーファーストの精神

男性側が注意すべきポイントで,非常に大切なものは,レディーファーストの精神です。どれも重要なマナーなので,覚えた上でしっかりと実践してみてください。

男性がドアを開けて女性を先に入れる
レストランでは女性に奥に座ってもらう
女性が座る時は男性が椅子をひいてあげる
冬ならコートを脱ぐのを手伝う
男性が車道側を歩く
相手の歩くペースに合わせる
エスカレーターに乗る際には女性に先に乗ってもらう

会計をスムーズに行う

レストランの会計の仕方は,カップルによって様々でしょうが,本来,デートにおいては会計時まずは男性が一括して支払ってしまうのが基本的なマナーです。

女性に一度「私払うよ」といわれても,とりあえず会計の場では,男性が支払うようにするのが,大人のデートでは常識です。そして,お店を出た後で,女性から支払いのオファーがあった場合は,ぴったり割り勘の金額をもらうのではなく,千円単位で女性に出して欲しい金額を伝えるようにしましょう。基本的には,大人のデートでは男性が多めに出すものです。

一方,学生の場合には,割り勘をするのが一般的になりつつあるようです。デートの時点での仲の良さや,相手の性格によって柔軟に対応していきたいところですね。ですが,女性が何も言ってこない場合には,とりあえず,男性がスムーズに支払いを済ませるようにしましょう。好印象に繋がります。

なんにせよ,会計時に揉めるのは得策とは言えません。女性がどうしても払うといって聞かない場合には,途中で妥協して相手の意見に合わせるのも一種のマナーとも言えるでしょう。

 

 

女性が注意すべきポイント!!

次は,女性が注意すべきポイントについて解説していきたいと思います。

計画性をもって準備をする

女性は,男性よりも一般的に準備に時間がかかります。

前日は早めに寝て,当日は早く起き,髪のセットや化粧を自分の納得がいくまで行なったとしても,集合時間に遅れないぐらいの時間の余裕を持つようにしましょう。

髪を振り乱して,遅刻ギリギリにダッシュで集合場所に行くのは避けるようにしたいですね。重要なのは計画性です。

自分の意見を伝える

デートは,男性のエスコートだけでなく,2人で作り上げるものです。男性のエスコートに頼りっきりにならずに,自分の行きたい場所や食べたいものなどの意見があれば,はっきり相手に伝えるのがマナーです。

女性に自分の意見をしっかり伝えてもらえると,男性側も信頼してくれているなという気持ちを持つことができ,お互いに心地よいデートに繋がるでしょう。

奢ってもらうのが当然と思わない

「レストランの会計の仕方は,カップルによって様々でしょうが,本来,デートにおいては会計時まずは男性が一括して支払ってしまうのが基本的なマナーです。」と先程書きましたが,奢ってもらうのが当然と思ってはいけません。

一度は,「いいよいいよ。申し訳ないし,私払うよ。」と言うようにしましょう。再び,男性が奢りをオファーしてきたら,快くこれを了承して「ありがとう」と感謝を伝えましょう

この時,逆に,頑なに割り勘を主張するのはやめましょう。男性のメンツをつぶすことに繋がりかねません。男性が,奢りをオファーしてきたら,会計時,その場ではその言葉に甘えるのがマナーです。そこで揉めるのは非常によろしくないです。

後で店を出た後で,「いくらでしたか?」とこそっと聞き,少し支払うというのが一般的なパターンです。


 

デートマナーまとめ

以上,様々なマナーを解説してきましたが,どれも重要なことなので覚えておきましょう。

この後デートの予定がある人は,このようなマナーを踏まえた上で,相手のことを思いやる気持ちを忘れずにデートに臨んできてください。あなたの未来が輝かしいものになることを願っています。


 

デートマナーアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!