学生必見の情報を発信していきます!

男同士の遊び・外出にマナーは必要か?友人とのお出かけにも必須の常識とは!

「男同士の遊びや外出には,マナーなんて全く必要ない!」

そう思ってるあなた,実はこれは,間違いなんです。今日からでも,すぐにその思い込みは捨て去りましょう。

多くの男性は,女の子とデートに行く時には,”レディーファースト”や”マナー”などを意識しますよね。でも男同士となると「どうでも良い」と言って,急に自分勝手な行動を始める人も中にはいるようです。

男同士の外出なら本当に「どうでも良い」のでしょうか。

よく考えれば,すぐ分かることだと思いますが,そんなことないはずです。あまりに自分勝手な行動を続けると,たとえ同性だとしても,煙たがられて,遊びに誘われなくなってしまうことでしょう。そうならないためには,最低限のマナーや常識を踏まえた上で,行動することが必要です。

本来,「マナー」とは,お互いが心地よく過ごすための想いやりの気持ちと行動のことなのです。
つまり,人と人とが関わり合って生きていくこの世の中において,皆が気持ちよく過ごすために作られたもの,それが「マナー」なんです。

ところが,このマナーというものは,なかなか学校で教えてもらえない。というわけで,今回は,男同士の外出というテーマで,中学生から社会人の男性までの全ての年代で,知っておく必要のある「マナー」や「常識」についてまとめてみました。

 

集合時間に遅刻しない

やはりこれは,基本中の基本です。

これができていないと,そもそも人間としてどうなの⁉と思われてしまうのは,誰と遊びに行く時も同じです。

基本的に,5分前には待ち合わせ場所に到着できるようにすることをおすすめします。きっと幸先の良い,スタートになるでしょう。

ただし,早く着いたことをいちいち相手に報告する必要はありません。

前後に予定がある場合は予め言っておく

何時から何時まで一緒にいられるのかということは,予め連絡しておきましょう。

突然,「じゃあ,予定あるから。」と帰られてしまっては,相手も困ってしまいます。相手の時間のことも考えてあげましょう。

気前を良くする(ケチらない)

めちゃくちゃ生活に困ってる場合を除いて,基本的にケチるのはやめましょう。ケチると悪印象を与えるという統計結果も出ているようです。

ケチると言っても,毎回ご飯をおごるべきだと言っているわけではありません。ぴったり割り勘できない時に文句を言ったり,みんなでどこかに行こうとしている時に「お金を払いたくないから,行きたくない」と文句を言ったりして,せっかくの雰囲気を壊すのは出来るだけ避けましょうということです。

もちろん,節約は重要ですし,お金は大切ですが,親しい友人とご飯に行って,1円単位で厳密にごねたりするのは推奨できません。

まあ,ケチなキャラ作りをして「ケチキャラ」で通していくことも可能ではありますが。(笑)

借りたお金は出来るだけ早く返す

お金を借りたら,借りた方が覚えていて,必ず早く返すようにしましょう。貸した方が催促して回収するのではありません

数千円程度なら,気づいたときに返せば良いのかも知れませんが,数万円,数十万円を借りている場合は,その後の仲にも関わってくるので,返す期限を決め,それまでにしっかりと返すようにしましょう。

スマホをいじりすぎない

一緒にいる時は,スマホをいじりすぎないようにしましょう。もちろん,双方の合意があれば,お互いスマホをいじっていても構いませんが,相手の存在を忘れてしまうほど没頭してしまうのは,いかがなものかと思います。

基本は,集合時間に早く着いた時や,相手がトイレに行っているときなどに,スマホ操作をするようにするのが良いと思います。

急に電話が掛かってきた場合などは,「ちょっと失礼。」と断ってから出るようにしましょう。

トイレに行ったら手を洗う→ハンカチで拭く

意外と気になるのが,トイレに行った後,手を洗っていない人です。

一般的に,遊びでは,同じものを触ることが多いです。カラオケのマイク,ボール,ダーツ,など遊びによってモノは異なりますが,同じモノを触ることが結構あります。

手を洗っていない人を見ると,「触られるのやだな」と思う人が多く,その後の遊びを楽しめなくなってしまうことも考えられます。

また,手を洗った後に服で拭くのはやめましょう。見た目が汚くなってしまいます。やはり,ハンカチを持ち歩くのがベストです。

一緒にいることを楽しむ

最後は,これに尽きます。一緒にいることを楽しみましょう。あなたが笑顔になれば,相手も笑顔になります。

幸せを伝染させて,素晴らしい時間を過ごしましょう。

最新情報をチェックしよう!